お役立ち情報

2013年5月24日 金曜日

税制をめぐる最近の動き ~平成25年度税制改正法~

 前回は、「社会保障と税の一体改革の着実な実施」について、ご紹介し
ました。最終回の今回は、「復興支援のための税制上の対応」と「納税環
境整備」について、ご紹介します。これまでにご紹介した措置の適用時期
については、パンフレット等に記載してありますので、ご参照ください。

(1) 被災地における住宅対策
 消費税率の引上げに伴う一時の税負担の増加による影響を平準化し、及
び緩和する観点から、住宅ローン減税について、延長した上で、最大控除
額を拡充することとしていますが、東日本大震災の被災者が新たに再建住
宅を取得等する場合、住宅ローン減税の最大控除額を他の地域よりさらに
抜本的にかさ上げし、現行の360万円から600万円に引き上げます。

(2) 高台移転の促進のための措置
 高台移転を更に推進するため、一定の要件を満たす防災集団移転促進事
業で行われる土地の買取りに係る譲渡所得に対し、5,000万円の特別控除
を適用します。

(3) 福島復興再生特別措置法の改正に伴う措置
 避難解除区域等への企業誘致を促進するため、避難解除区域に係る課税
の特例の対象区域に避難指示解除準備区域及び居住制限区域を追加します。
また、立地促進区域に新規に進出した事業者に対して、被災事業者を対象
とする現行制度と同様の事業用設備の即時償却・税額控除制度や避難対象
者を雇用する場合の税額控除制度を適用します。

(4) 延滞税等の見直し
 現在の低金利の状況を踏まえ、事業者等の負担を軽減する観点等から、
延滞税・利子税・還付加算金について引下げを行います。
 例えば、見直し前の14.6%の延滞税については、特例基準割合である
「貸出約定平均金利+1%」に7.3%を足した割合となります。具体的に
は、貸出約定平均金利が1%の場合、見直し前の14.6%の延滞税について
は9.3%になります。
※ 上記の「貸出約定平均金利」とは、日本銀行が公表する前々年10月~
 前年9月における「国内銀行の貸出約定平均金利(新規・短期)」の平
 均です。

 下記URLから参考資料をご覧いただけます。
 ・パンフレット「平成25年度税制改正」
  http://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeisei13/index.htm

財務省 税制メルマガより

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 菅原会計事務所

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る
住所 東京都中野区新井2-1-12-B号
最寄り駅 中野駅

お問い合わせ 詳しくはこちら