お役立ち情報

2013年12月 5日 木曜日

年内にできる個人の節税対策・・・所得税対策(一般的なもの)

年内に駆け込みでできる節税対策をご紹介します。

1、ゴルフ会員権譲渡(損益通算の活用)
値下がりしているゴルフ会員権を売却した場合、その損失を給与所得や事業所得等他の所得と損益通算することができます。ただし、この損益通算を認めない方向の税制改正が検討されているようです。それでも今年中の売却をお勧めします。

2、上場株譲渡(源泉分離の活用)
今年までは譲渡益の10%ですみますが、来年からは20%と税率が倍になります。税金の観点からは、売却は年内が有利になります。
来年からはNISA(少額投資非課税制度)が始まります。毎年100万円まで、5年間で非課税投資総額最大500万円が活用出来ます。

3、寄附金控除の活用 
国や地方公共団体等に対し特定寄附金を支出した場合には寄附金控除の適用があります。ふるさと納税(地方公共団体への寄付)や災害義援金などの活用をお勧めします。

4、医療費控除の活用
 治療中の場合できるだけ年内に治療し年末までに医療費の支払いをします。また、薬局で購入した風邪薬なども年内に購入すればその分控除対象となります。

5、国民年金・国民健康保険料の前納
 国民健康保険料や国民年金を年末までに前納すれば1年以内の部分については社会保険料控除の対象となります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 菅原会計事務所

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る
住所 東京都中野区新井2-1-12-B号
最寄り駅 中野駅

お問い合わせ 詳しくはこちら