確定申告

2014年7月15日 火曜日

平成26年分の所得税ですでに改正が適用されている事項 その3

2、 譲渡所得関係
(1) ゴルフ会員権・リゾート会員権等の譲渡損失に係る損益通算の廃止
① 概要
   ゴルフ会員権やリゾート会員権等について「生活に通常必要でない資産」*に含めその譲渡による損失は、給与所得など他の所得との損益通算や雑損控除の適用ができないこととなりました。
  *主として趣味、娯楽、保養または鑑賞の目的で保有する不動産以外の資産(ゴルフ会員権等)がその範囲に追加されました。

② 適用時期
   平成26年4月1日以降の譲渡により生じた損失から適用されています。

(2) 居住用財産の譲渡特例についての改正
① 特定の居住用財産の買換え等の場合の長期譲渡所得の課税の特例
  譲渡資産の譲渡に係る対価の額が1億円以下に引き下げられました。また、適用期限が平成27年12月31日まで2年間延長されました。

② 居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算・繰越控除の特例及び特定居住用財産の譲渡損失の損益通算・繰越控除の特例
  その適用期限が平成27年12月31日まで2年間延長されました。

③ 適用時期
① の改正は、平成26年1月1日以降に行う譲渡について適用されます。

(3) 特定の事業用資産の買換え特例についての改正
① 概要
   適用対象となる買換えの内容が見直されたうえ、適用期限が平成29年12月31日まで3年間延長されました。
② 九号買換え
長期所有の土地等からの買換え特例(措法37①表九)については、適用期限が平成26年12月31日までとなっているため、来年度の税制改正において延長の議論がなされることになると思われます。


投稿者 菅原会計事務所

アクセス


大きな地図で見る
住所 東京都中野区新井2-1-12-B号
最寄り駅 中野駅

お問い合わせ 詳しくはこちら