法人税

2015年1月27日 火曜日

欠損金の取り扱い その2

欠損金の取り扱いその2は、青色欠損金の繰越控除制度です。法人税の節税に、申告のチェックにお役立てください。

2 欠損金の意義
◆1 欠損金額の意義(法2十九)
欠損金額とは、各事業年度の所得の金額の計算上その事業年度の損金の額がその事業年度の益金の額を超える場合におけるその超える部分の金額をいう。

3 青色欠損金の繰越控除
1、適用要件(法57)
青色申告書を提出した事業年度に生じた欠損金(これを「青色欠損金」という。) は翌事業年度以後9年間(平成20年3月31日以前終了事業年度において生じた欠損金額については7年間)にわたり繰越控除することが認められています。したがってその9年間に控除しきれなかった欠損金は切捨てられます。

(1)適用事由・・・前9年以内に生じた欠損金額があること。
(2)欠損事業年度・・・青色申告書を提出していること。
(3)手   続・・・欠損事業年度から繰越控除年度まで連続して確定申告書を
        提出していること。
 *明細記載要件なし・・・強制適用



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 菅原会計事務所

アクセス


大きな地図で見る
住所 東京都中野区新井2-1-12-B号
最寄り駅 中野駅

お問い合わせ 詳しくはこちら