法人税

2015年1月28日 水曜日

欠損金の取り扱い その3

欠損金の取り扱いその3は、青色欠損金の損金算入額の計算についてです。節税や申告の際にお役立てください。


「青色欠損金の繰越控除」
2、 損金算入額
(1)繰越欠損金額・・・①青色欠損金であれば原因事実は問わない。
            ②すでに前期以前に控除対象となったもの及び欠損金の繰戻し還付の計算の基礎となったものを除く。
(2)当期所得金額(別表4差引計)・・・欠損金の損金算入前の所得金額
  *中小法人等以外の法人については、当期所得金額の80%に相当する金額
(3)損金算入額・・・(1)と(2)のいずれか少ない方の金額(別表4差引計の下で減算)

(注)1 2以上の事業年度から生じた繰越欠損金額がある場合(基通12-1-1)
   最も古い事業年度に生じた欠損金額から順次控除する。
2、当期所得金額(別表4・差引計)を限度
当期の所得金額を超えて繰越欠損金の損金算入を認めると、その超える部分が当期において新たに生じた欠損金額となり、「9年間」という繰越控除期間が無意味となってしまうためである。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 菅原会計事務所

アクセス


大きな地図で見る
住所 東京都中野区新井2-1-12-B号
最寄り駅 中野駅

お問い合わせ 詳しくはこちら