法人税

2015年3月30日 月曜日

「法人税の申告・納付」その5

法人税の申告納付その5は、確定申告の提出期限の延長について取り上げます。

「確定申告等の提出期限の延長」 その1
1、概 要
   申告期限の延長には、国税通則法による災害等による一般的な延長と、法人税法による決算が確定しない場合の延長があります。

2、国税通則法による場合
   災害等により、申告、申請、請求、届出等が期限までに行うことができない場合には、その理由がやんだ日から2か月以内に限って期限の延長ができます。これには、地域指定と個別指定があり、利子税は課されません。東日本大震災の際両方の指定・適用がありました。

3、災害等によって決算が確定しない場合
(1)内 容
   確定申告書を提出すべき法人が、災害その他やむを得ない理由によって決算が確定しないため、提出期限までに提出できないと認められる場合には、税務署長は、法人の申請に基づいて期日を指定して提出期限を延長することができます。

  決算が確定しないことによる確定申告書の提出期限の延長であるから、中間申告書については、認められていません。4も同じ。




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 菅原会計事務所

アクセス


大きな地図で見る
住所 東京都中野区新井2-1-12-B号
最寄り駅 中野駅

お問い合わせ 詳しくはこちら