菅原会計事務所ブログ

2014年11月28日 金曜日

不服審判所が「隠ぺい又は仮装はない」と判断 その2

争点は「隠ぺい又は仮装」の事実の有無で、実務上税務調査における事実認定で争いになりやすいところです。
以下、エヌピー通信社提供の記事をご覧ください。

/blog/images_mt/%E4%B8%8D%E6%9C%8D%E5%
AF%A9%E5%88%A42.pdf
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

2014年11月27日 木曜日

不服審判所が「隠ぺい又は仮装はない」と判断 その1

雑収入の計上漏れによる重加算税処分を受けた会社が、それを不服として訴えた事例が紹介されています。以下、エヌピー通信社提供の記事をご覧ください。

/blog/images_mt/%E4%B8%8D%E6%9C%8D%E5%
AF%A9%E5%88%A41.pdf
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

2014年11月19日 水曜日

お笑い日本の会計人 その8

「N支部の愉快な面々」(身近な先生方をネタにしてみました。どうか笑ってお許しください。)・・・100キロを超える巨漢S税理士

3年前のこと、真剣に20%節電に取り組むS税理士事務所では、夏の間熱中症対策が話題となった。

対策1・・・水分をこまめに摂取してください。
「ふむふむ、飲み物はいつも冷蔵庫いっぱいに買ってあるから大丈夫だな。」
対策2・・・睡眠不足は大敵です。
「まー、いつもよく寝ているから心配ないな。」
対策3・・・外でのスポーツは止め、できれば外出も控えたほうがいいでしょう。
「要するに動くなってことだろう。なんだ、熱中症対策って-のはいつもと同じようにしてればいいんじゃない・・・。」

あまり笑えない???S税理士もご自愛を!!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

2014年11月18日 火曜日

固定資産の取得価額 その4

機械装置等について、通常の操業時間を超えて稼働した場合に増加償却が認められます。法人税の節税にご検討ください。
増加償却
1、 適用要件
(1) 対象資産・・・機械装置
(2) 適用要件・・・平均的な使用時間を超えて使用したこと(増加償却割合が10%以上)
(3) 届出・・・確定申告期限までに届出書を提出したこと
(4) 書類の保存・・・証する書類を保存していること
2、 増加償却割合
35/1,000×機械装置の1日あたりの使用時間数=増加償却割合(小数点2位未満切上)
≧10%
3、 償却限度額
通常の償却限度額(1+増加償却割合)
留意点 グルーピング・特別償却との関係
(1) グルーピング・・・要件満たせば適用あり
(2) 特別償却・・・特殊償却制度は普通償却制度を補完する位置付けであり、特別償却との併用も可能である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

2014年11月17日 月曜日

固定資産の取得価額 その3

今回は有形固定資産の耐用年数について説明します。法人税の節税に適用できるものがないかご確認ください。

1、 法定耐用年数・・・「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」において法定されている。
2、 耐用年数の短縮・・・減価償却資産につき、一定の事由により、使用可能期間が法定耐用年数に比して著しく短いと認められる場合において、国税局長の承認を受けたときは、その事業年度以後の各事業年度の償却限度額の計算上、使用可能期間を耐用年数とみなす。
① 材質又は制作方法が他の減価償却資産と著しく異なること
② その資産の存する地盤が隆起しまたは沈下したこと
③ 資産が陳腐化したこと
④ 使用される場所の状況に起因して著しく腐食したこと
⑤ 通常の手入れ又は修理をしなかったことに基因して著しく損傷したこと
⑥ その有する製造設備等の構成が通常の構成と著しく異なること
⑦ 機会及び装置で、旧耐用年数省令別表第二に特恵された設備以外であること
⑧ その他上記に準ずる事由

3、中古資産の耐用年数(耐令3 等)
①資本的支出≦取得価額の50%・・・見積もり簡便法
(法定耐用年数-経過年数)+経過年数×20%
②取得価額の50%<資本的支出≦再取得価額の50%・・・加重平均法
(本体の取得価額(A)+資本的支出(B))÷((A)/簡便法による耐用年数+(B)/法定耐用年数)
③再取得価額の50%<資本的支出・・・法定耐用年数
留意点 グルーピングとの関係
耐用年数が同じかどうかは中古資産の「見積耐用年数」を適用した場合には見積もり耐用年数が同じかどうかで判定する。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る
住所 東京都中野区新井2-1-12-B号
最寄り駅 中野駅

お問い合わせ 詳しくはこちら