確定申告

2015年9月 2日 水曜日

特定支出控除の利用は2千件

特定支出控除は、サラリーマンの支出のうち一定のものがいわば「必要経費」と認められ、所得から控除できる制度です。以下、エヌピー通信社の記事をご覧ください。

/blog/images_mt/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E6%94%AF%
E5%87%BA%EF%BC%92%E5%8D%83%E4%BB%B6.pdf

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

2015年3月17日 火曜日

確定申告無事終了

昨日の確定申告期限最終日、例年通り自分の確定申告書ではありますが(笑)最後の申告を電子申告で送信し今年も無事終了となりました。そして今日は税務署がすいたところを見計らって相続税の申告書を提出してきました。この2か月ほとんど休みなしでしたがようやく一段落です。今週末は土日の二日間休みます(笑)。

今年も反省することばかりの確定申告期間でした。最も忙しかった原因は確定申告そのものではなく、相続や準確その他相談業務が重なったためです。実はこのように確定申告期間を含めた繁忙期でも、相続や相談業務をこなすために業務の効率化を図ってきました。今年に入り緊急かつ難解な業務も喜んでお引き受けしました。余裕でこなせる自信があったのですが・・・?

もともと相続関係の業務は個別性が強く、なかなか費やす時間が読みにくいところがあります。それでも長年やってきたおかげで大体予想した通りに業務をこなすことができたと思います。むしろ、苦戦した原因は、2月末期限の12月決算法人の申告が遅れたことにあります。また、うちの確定申告の業務マニュアル・申告チェックリストは専門的知識がないと使いこなせない、つまり使えない(笑)ことがわかりました。

課題ははっきりしています。来年こそは、鼻歌を歌いながらこの繁忙期を過ごしたいと思います。

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

2015年3月13日 金曜日

「ハズレ馬券も経費」確定へ その2

裁判では、継続的、網羅的に購入された馬券購入による配当金収入が「一時収入」にあたるか「雑収入」にあたるかが争点となっていました。以下エヌピー通信社提供の記事をご覧ください。


/blog/images_mt/%E3%83%8F%E3%82%BA%E3%83%
AC%E9%A6%AC%E5%88%B82.pdf

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

2015年3月12日 木曜日

「ハズレ馬券も経費」確定へ その1

いよいよ確定申告も終盤です。必要経費の判断が最高裁で確定した件について取り上げました。

ハズレ馬券の購入費用は所得税法上の経費にあたるかどうかが争われた事件の裁判で、「経費に当たる」とする一審・二審での判決が最高裁で確定する見通しとなりました。以下エヌピー通信社提供の記事をご覧ください。

/blog/images_mt/%E3%83%8F%E3%82%BA%E3%83%AC%
E9%A6%AC%E5%88%B81.pdf

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

2015年2月23日 月曜日

平成26年分確定申告の留意点 その3

今年の確定申告の改正点その3は、上場株式の課税関係です。

7、上場株式等の10%軽減税率の特例措置の廃止
 上場株式等の譲渡所得等及び配当所得に係る10%軽減税率(所得税7%、住民税3%)の特例措置は、平成25年12月31日をもって廃止されました。平成26年1月1日以後は、本則税率の20%(所得税15%、住民税5%)が適用されます。

8、少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税制度(NISA)の開始
 非課税口座内少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税制度が、平成26年1月1日より施行されています。
(1)非課税口座に上限100万円の非課税管理勘定を設けた場合、5年間は口座内の上場株式等の配当所得については所得税が課されません。
(2)5年内に非課税口座内上場株式等を譲渡した場合の譲渡所得については、所得税が課されません。

投稿者 菅原会計事務所 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
住所 東京都中野区新井2-1-12-B号
最寄り駅 中野駅

お問い合わせ 詳しくはこちら