ホーム > 税務調査対応

税務調査対応

税務調査応対 

菅原 勝哉

実績に培われた自信の書面作成。税務調査の入りにくい書面に定評があります。

税務署にとっては、納税者がどれほど真実にのっとった書類を作成しているか信憑性が定かではありません。課税の公平を担保するため、税務署の職員は「税務調査」をする権利を与えられています。こうした税務署が調査にはいったときの対応を「税務調査応対」といいます。
当事務所はこの税務調査応対にも自信があります。

こうした「税務調査」が入りにくい税の申告をすることも当事務所の特徴のひとつです。

税理士法には税の申告に際し「書面添付」という制度があり、決算申告書以外に税理士が調査をして、税務署が疑問に思いそうなところを説明する書類を添付するものです。たとえば売り上げが増えた理由、人件費が増えた理由など税務署が知りたい情報を税理士がチェックして書類として提出します。これをうまく利用することで、税務署の疑問を最小限に抑えることができます。

書面添付制度

上手な書面添付で統計上5割以上の税務調査が減りますが、それでも調査が行われることはあります。
税務署が調査の必要があると判断した場合は、まず税理士に意見聴取をし、税務署が納得すればそれで調査省略となり終わりですが、納得しなければ納税者に直接調査をします。

当事務所はこうした税務調査が入りにくい書面作成をし、税務調査が入った場合にも適切な説明で、税務署に疑問を残さない対応をいたします。

税務調査に関する記事・ブログは ザ・税務調査 をご覧ください。

アクセス


大きな地図で見る
住所 東京都中野区新井2-1-12-B号
最寄り駅 中野駅

お問い合わせ 詳しくはこちら